スポンサードリンク

大徳寺から金閣寺までのバスでの行き方は?料金や時間は?バス停は?

大徳寺は枯山水の庭園が魅力的な京都の観光地で、

金閣寺は言わずと知れた京都の有名な観光地です?

(何で疑問形やねん!)

では大徳寺から金閣寺までは、どのように行けば良いでしょうか?

ここでは大徳寺や金閣寺のバス乗り場を含めて、詳しい行き方をご紹介します。

スポンサードリンク

大徳寺の最寄りのバス停は?


(出典「photoAC」)

こちらではバスでのアクセスをご紹介していきますが、

まず大徳寺の最寄りのバス停は、以下の場所になります。

① 大徳寺 総門

② 大徳寺 南門

③ バス停 大徳寺前 東行き

④ バス停 大徳寺前 西行き

金閣寺に向かうバスは、④の西行きから出発します。

また④のバス停までは、①の総門からは徒歩およそ5分ほど、

②の南門からは徒歩すぐになります。

なおバス停に近い②の南門からの場合には、

門を出てから左に進んでいただくとバス停がありますが、

④の西行きのバス停に向かう場合には、

交差点で横断歩道を右に渡っていただく必要があります。

また①の総門から出た場合には、

道路に出てから、しばらく右に進んでいただいて、

交差点で横断歩道を渡ると、左手に④の西行きのバス停があります。

金閣寺の最寄りのバス停は?


(出典「photoAC」)

次に金閣寺の最寄りのバス停は、以下の場所になります。

① 金閣寺 出入口

② バス停 金閣寺道 Bのりば

こちらでご紹介するバスは上記のBのりばに停まります。

このBのりばから①の出入口までは、徒歩およそ3分ほどで、

バスを降りてからは、バスの進行方向と反対に進んでいただいて、

交差点で横断歩道を左に渡って、あとは真っ直ぐに進めば金閣寺に到着です!

スポンサードリンク

バスでの行き方は?

では具体的なバスでの行き方についてですが、以下のようになります。

【市バス】

 大徳寺前(西行き
  ↓
 金閣寺道

この場合の料金や時間は以下のようになります。

料金乗車時間最寄りのバス停との時間合計時間
230円約5~6分大徳寺~バス停→徒歩すぐ
バス停~金閣寺→徒歩約3分
約10分

大徳寺と金閣寺は近い場所にありますので、所要時間は短く済みます。

また大徳寺から乗車していただくバスは、以下のバスになります。

バスのりば系統番号行き先バスの本数
西行き101系統金閣寺・北野天満宮・二条城約15分に1本
102系統金閣寺・北野天満宮約30分に1本
204系統金閣寺・円町約15分に1本
205系統金閣寺・西大路四条約7~8分に1本
M1系統原谷約1時間に1~2本

上記の他に12系統のバスもありますが、

この12系統のバスは金閣寺というバス停では、離れた場所にバスが停まります。

またこの12系統のバスは金閣寺というバス停にも停まりますが、

この金閣寺というバス停は、紅葉シーズンにはバスが停まらない場合もあります。

上記のように大徳寺から金閣寺に向かうバスは多くありますので、

こちらでは12系統以外のバスをご紹介することにします。

また大徳寺からのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市交通局 ホームページ ハイパー市バスダイヤ


こちらのページの「読みがな検索」から

「大徳寺前」をお探しいただき、上記のバスの時刻表をご確認ください。

金閣寺からのバスの時刻表は?

また金閣寺からのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市バス・地下鉄ガイド 主要停留所のりば


先ほどもお伝えしましたが、

金閣寺の最寄りのバス停には、金閣寺と金閣寺というバス停があります。

上記のページの下の部分から

「金閣寺」または「金閣寺」を選択していただくと、マップ上にバス乗り場が表示されます。

またマップのすぐ下(パソコンでは画面右上)に表示されている「時刻表」から

バスの時刻表をご確認ください。

終わりに

大徳寺と金閣寺は近い距離にありますが、

大徳寺の境内も広いですので、

徒歩で向かうよりもバスでの移動がおすすめです。

ちなみに京都駅などから大徳寺までの行き方については、以下のページをご利用ください。

大徳寺へのアクセスページの一覧

また金閣寺からその他の観光地までの行き方については、以下のページをご利用ください。

金閣寺からのアクセスページ一覧


京都の観光地までのアクセスは難しい場合もありますし、

こう言う私自身も、京都ではバスでの行き方が難しい!と感じたことも何度かありました。

大徳寺から金閣寺までは行きやすいですが、

こちらのサイトを参考にしていただいて、京都観光を楽しんでいただければと思います。

以上、大徳寺から金閣寺までの行き方のご紹介でした!

スポンサードリンク

良かったらこちらを