スポンサードリンク

東福寺へのアクセス!三十三間堂からの行き方とバスや電車の料金や時間


(三十三間堂 出典「photoAC」)

三十三間堂は1001体の千手観音像があることで知られ、

ズラリと並んだ千手観音は、やはり壮観なものがあります。

また東福寺は紅葉の名所として知られ、

紅葉シーズンには多くの観光客が訪れ、にぎわいを見せます。

では三十三間堂から東福寺までのアクセスは、どのように行けば良いでしょうか?

ここでは三十三間堂から東福寺までのアクセスについて、詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

三十三間堂から東福寺までの行き方は?

まず三十三間堂から東福寺までの行き方についてですが、

どちらも近い距離にありますので、

バスでの電車でも、乗り換えなしで向かうことができます。

またバスは渋滞によって遅れる場合はありますが、

電車の場合には、三十三間堂から最寄り駅まではやや距離があります。

こちらの記事を参考にしていただいて、

観光の日程を検討していただければと思います。

なおこちらの記事はページを分けていまして、

1ページ目にはバスでのアクセスを、

2ページ目には電車でのアクセスについてご紹介しています。

この記事の2ページ目はこちら

三十三間堂の最寄りのバス停は?

ではバスでのアクセスからご紹介していきますが、

まず三十三間堂の最寄りのバス停は、以下の場所になります。

① バス停 博物館三十三間堂前 Aのりば

② 三十三間堂 入口

③ 三十三間堂 出口

東福寺へ向かうバスは、①のAのりば(道路の北側)からになります。

また三十三間堂からは③の出口から出ていただくことになりますが、

①のバス停までは徒歩すぐになります。

なおバス停までの行き方についてですが、

③の出口を出てからは、右手の横断歩道を渡っていただいて、

右に進んでいただけば、①のAのりばがあります。

東福寺の最寄りのバス停は?


(出典「photoAC」)

次に東福寺の最寄りのバス停は、以下の場所になります。

① 東福寺 日下門

② バス停 東福寺 Aのりば

③ バス停 東福寺 Bのりば

こちらでご紹介するバスは、②のAのりば(道路の南側)に停まりますが、

このバス停から①の門までは、徒歩およそ10分ほどになります。

またバス停までの行き方についてですが、

まずバスの進行方向に進んでいただいて、

次の曲がり角を左に進んでいただきます。

その後は左に、右にと道が曲がってはいますが、

紅葉の時期ですと人の流れも出来ていると思います。

その後は橋があり、この橋からも東福寺の境内を見ることができますし、

しばらく進めば、左手に①の門があります。

バス停から東福寺までは、行き方がやや難しいと思いますので、

上記のマップの矢印を参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

バスでの行き方は?

では具体的なバスでの行き方についてですが、以下のようになります。

【市バス】

 博物館三十三間堂前(Aのりば)
  ↓
 東福寺

この場合の料金や時間は以下のようになります。

料金乗車時間最寄りのバス停との時間合計時間
230円約6分三十三間堂~バス停→徒歩すぐ
バス停~東福寺→徒歩約10分
約15分強

また三十三間堂から乗車していただくバスは、以下のようになります。

バスのりば系統番号行き先バスの本数
Aのりば88系統京都駅八条口土休日のみ約30分に1本
208系統泉涌寺・東福寺平日約20~30分に1本
土休日約30分に1本

これらのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市交通局 ホームページ ハイパー市バスダイヤ


こちらのページの「読みがな検索」から「博物館三十三間堂前」をお探しいただいて、上記のバスの時刻表をご確認ください。

東福寺からのバスの時刻表は?

また東福寺からのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市交通局 ホームページ ハイパー市バスダイヤ


こちらのページの「読みがな検索」から「東福寺」をお探しいただいて、お求めの行き先の時刻表をご確認ください。