スポンサードリンク

平安神宮へのアクセス!永観堂からの行き方とバスの料金や時間


(永観堂 出典「PIXTA」)

永観堂は京都の紅葉の名所として知られていますし、

平安神宮は朱塗りの鳥居を敷き詰められた白い石のコントラストが印象的で、

裏にある庭園も見所の一つです。

では永観堂から平安神宮までのアクセスは、どのように行けば良いでしょうか?

こちらでは永観堂から平安神宮までのアクセスをご紹介します。

ではどうぞ!

スポンサードリンク

永観堂の最寄りのバス停は?

永観堂から平安神宮までは、バスでのアクセスが便利ですが、

まず永観堂の最寄りのバス停は以下の場所になります。

① 永観堂 出入口

② バス停 宮ノ前町(みやのまえちょう)

①の出入口から②のバス停までは、徒歩およそ5分ほどになります。

またバス停までの行き方についてですが、

①の出入口を出てから右に進んでいただけば、

上記バス停に向かうことができます。

またバス乗り場は向かって道路の左側にあります。

なお永観堂の近くには「南禅寺・永観堂道」というバス停がありますが、

このバス停の南行きのバス乗り場(平安神宮や京都駅に向かう乗り場)は、

秋の紅葉シーズンの一部ではご利用いただけない場合があります。

ですので、上記の宮ノ前町からのアクセスについてご紹介することとします。

平安神宮の最寄りのバス停は?


(出典「photoAC」)

次に平安神宮の最寄りのバス停は、以下の場所になります。

① 平安神宮 応天門(入口)

② バス停 岡崎公園動物園前

③ バス停 岡崎公園 美術館・平安神宮前

②と③のバス停から①の門までは、徒歩およそ5分ほどになります。

またバス停からの行き方についてですが、

南側の③のバス停からの場合には近くには大鳥居があって、

この大鳥居の方向に平安神宮があります。

また②のバス停からの場合には、バスの進行方向に進んでいただいて、

次の交差点で右に進めば、平安神宮に向かうことができます。

なおバス停は上記の2つをご紹介していますが、

南側の③のバス停には、こちらでご紹介するバスのうち

100系統のバスだけが停まりますのでご注意ください。

また南側の③のバス停の近くには大鳥居もあり、

その意味では観光するのにおすすめではありますが、

その分だけ混雑する印象はあります。

もしも混雑を避けたいという場合には、

②のバス停で降りていただくのがおすすめです。

スポンサードリンク

バスでの行き方は?

では具体的なバスでの行き方についてですが、以下のようになります。

【市バス】

 宮ノ前町(みやのまえちょう)(バス乗り場は1つだけになります。)
  ↓
 岡崎公園 美術館・平安神宮前

 または 岡崎公園動物園前(混雑を避けるならこちら)

この場合の料金や時間は、以下のようになります。

料金乗車時間最寄りのバス停との時間合計時間
230円約20分弱永観堂~バス停→徒歩約5分
バス停~平安神宮→徒歩約5分
約30分弱

また永観堂からのバスは、以下のようになります。

系統番号行き先バスの本数
32系統四条河原町・西京極平日約20分に1本
土休日約30分に1本
100系統祇園・清水寺・京都駅約7~8分に1本

上記のバスのうち、32系統のバスは、

バス停「岡崎公園 美術館・平安神宮前」には停まりませんのでご注意ください。

またこれらのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市交通局 ホームページ ハイパー市バスダイヤ


こちらのページの「読みがな検索」から

宮ノ前町(みやのまえちょう)」をお探しいただいて、上記のバスの時刻表をご確認ください。

平安神宮からのバスの時刻表は?

また平安神宮からのバスの時刻表については、以下のページからご確認ください。

京都市バス・地下鉄ガイド 主要停留所のりば


こちらでご紹介したバス停は、

岡崎公園 美術館・平安神宮前(大鳥居が近いです)

岡崎公園動物園前

でしたが、この他にも

岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前

というバス停もあります。

上記のページの下の部分からこれらのバス停を選択していただくと、マップ上にバス乗り場が表示されます。

またマップのすぐ下(パソコンでは画面右上)に表示されている「時刻表」から、バスの時刻表をご確認ください。

ちなみに平安神宮から京都駅やその他の観光地までの行き方については、

以下のページをご利用ください。

平安神宮からのアクセスページ一覧


バス停の詳細についてもご紹介していますので、

参考にしていただければと思います。

終わりに

永観堂から平安神宮までは、バスで乗り換えなしで向かうことができます。

また徒歩で向かえない距離ではありませんが、

観光するのも疲れますので、バスなどの公共交通機関のご利用がおすすめです。

なお京都駅やその他の観光地から、

永観堂までの行き方については、以下のページをご利用ください。

永観堂へのアクセスページの一覧

京都の観光地から観光地までの行き方は難しい場合もありますので、

こちらのサイトをご利用いただいて、

京都の観光を楽しんでいただければと思います。