スポンサードリンク

醍醐寺へのアクセス!清水寺からの行き方とバスや電車の料金や時間


(出典「photoAC」)

清水寺は「清水の舞台から・・・」と形容されるように舞台があることで知られ、京都でも人気の観光地で、

醍醐寺は平安時代に作られた寺院ですが、豊臣秀吉が「醍醐の花見」をしたことで有名な観光地です。

では清水寺から醍醐寺までのアクセスは、どう行けば良いでしょうか?

ここでは清水寺から醍醐寺までのアクセスを詳しくご紹介します。

またどちらも桜や紅葉が楽しめるスポットですが、

桜や紅葉のシーズンは京都も混雑しますので、移動時間は余裕を持たせてお考え下さい。

スポンサードリンク

清水寺の最寄りのバス停

まず清水寺の最寄りのバス停の場所をご確認いただきますが、以下のようになります。

① 清水寺 仁王門(出入口)

② 八坂の塔(法観寺)

③ バス停 東山安井
④  〃  清水道
⑤  〃  五条坂

①の仁王門からの場合、③のバス停までは徒歩およそ15分、

④⑤のバス停までは徒歩およそ10分で、

下り坂になっていますが、清水寺周辺は飲食店などの商店街があり人が混雑することもありますので、移動時間は余裕を持たせてお考え下さい。

また上記は主に市バスでご利用いただくバス停を表示していて、

③④のバス停からは醍醐寺に直接向かうバスはありません。

上記のマップは乗り換えで醍醐寺に向かう際などにご利用ください。

また醍醐寺に直接向かうバスは⑤の五条坂から出ていますが、

そのバスは京阪バスになり、詳しいバス停の場所はのちほどご紹介します。

またバス停までの行き方については、上記のルートを拡大してご確認していただきたいと思いますが、

④の清水道や⑤の五条坂までは矢印のルートもありますが、

八坂の塔へ向かうルートや人の混雑を避けるルートですと、上記の青のルートになります。

ただ詳しくは説明が長くなりますので、以下のページをご覧ください。

清水寺と三年坂、二年坂、八坂の塔~バス停との位置関係は?

上記の記事では八坂の塔へ向かうルートや、二年坂や三年坂を通るルートなどについて詳しく説明しています。


(出典「photoAC」)

また市バスで醍醐寺へ向かう場合は、

それぞれ北行きのバス停からになり、道路の西側のバス停からになります。

ここでは乗り換えで向かう場合については代表的な④の「清水道」からのアクセスをご紹介しますが、

他のバス停からも同じ料金で向かうことができます。

ちなみに以下のページは、清水寺近くの門前会のホームページになります。

清水寺門前会 ホームページ 門前会マップ

マップ上でお店をクリックすると、詳しい情報を確認することができますので、清水寺観光の参考にしていただければと思います。

京阪バスのバス停について

また清水寺から醍醐寺へはバスで直接向かうことができます。

ただ先ほどお伝えしたように、

醍醐寺へ直接向かうバスは京阪バスで、と白のバスになります。

また京阪バスのバス停の場所は市バスとは違いがあり、

醍醐寺へ向かうバス停の場所は以下になります。

① 清水寺 仁王門

② バス停 五条坂 東行き

上記のルートは清水寺を観光した場合、仁王門に戻る前に下に降りる階段からのルートで、

坂を下って大通りに出てから左に回っていただくことになります。

マップに詳しいバス停の場所を記載していますので、上記のマップを拡大して場所をご確認ください。

スポンサードリンク

醍醐寺の最寄り駅とバス停


(出典「photoAC」)

次に醍醐寺の最寄り駅とバス停の場所をご確認していただきますが、以下の場所になります。

① 醍醐寺 総門(出入口)

② バス停 醍醐寺前 南行き

③ バス停 醍醐寺前 北行き

④ 地下鉄 醍醐駅

マップを拡大してご確認していただきたいと思いますが、

③の駅から①の総門までは、A→Bのルートで徒歩およそ10分になりますが、ゆるやかな登り坂になっています。

また②③のバス停からは①の総門までは徒歩すぐになり、

②の南行きのバス停は、清水寺から醍醐寺に直接向かう京阪バスで降りるバス停で、

バスの進行方向に①の総門があります。

また③の北行きのバス停は、醍醐駅からのコミュニティバスで降りるバス停になり、

バスの進行方向と反対に進んでいただくと①の総門があります。

また説明が長くなりますが、駅からの行き方については、

2番出入口から出て、北に進んでいただいて交差点を右に曲がると、

後はほぼ真っ直ぐに進んでいただけば醍醐寺に向かうことができます。

また醍醐駅からのバスもありますので、後ほどご紹介します。

スポンサードリンク

醍醐寺へ直接バスで向かう場合は?

では具体的なアクセスについてご紹介しますが、

清水寺から醍醐寺へはバスで直接向かうことができ、

その場合には京阪バスに乗車していただくことになります。

【京阪バス】

 五条坂(東行き
  ↓
 醍醐寺前

ただし醍醐寺に直接向かうバスは本数が多くありませんし、

通常の市バスなどでご利用いただける一日乗車券は使えませんのでご注意ください。

この場合の料金や時間は以下のようになります。

料金乗車時間最寄りのバス停からの時間合計時間
270円約30分清水寺~バス停→徒歩約10分
バス停~醍醐寺→徒歩すぐ
約40分

また乗車していただく京阪バスは以下のバスになります。

バスのりば系統番号行き先バスの本数
東行き86.86B系統醍醐バスターミナル約1時間に1本

バスの本数は多くありませんのでご注意ください。

このバスの時刻表については以下のページからご確認ください。

京阪グループ ホームページ バスナビ 時刻表検索

上記のページから「五条坂」を検索していただき、「東行」の時刻表をご確認ください。

また説明が長くなりますが、時刻表を表示させるとパソコンでは左側に系統番号や行き先、チェックボックスが表示されます。

スマホの場合は、時刻表の上部に「系統絞込 開く」とありますので、「開く」を押していただくと、

系統番号や行き先、チェックボックスが表示されます。

このうち86、86Bだけにチェックを入れると、まとめて時刻表を確認することができます。

なお86A系統のバスは醍醐寺前まで向かいませんのでご注意ください。

またバス乗り場については、バス停を検索した直後の画面の下や

時刻表を表示させた画面では時刻表の上に「のりばMAP」というボタンがありますので、

このボタンを押していただいてバス乗り場をご確認ください。